2008年02月23日

投薬

犬が病気や不慮の事故で怪我をし、病院で処方してもらった薬を与える際はなかなか飲んでくれないために苦労することがあるようだ。
嗅覚が鋭いため食べようとしないのが主な原因だろう。
少量の液体やドロッとしたものなどは注射器型のフィーダーが便利だ。
中に入れるものの形状により先端部分を取り替えることができる。
水っぽい液体の薬やミルクを与えるときはニップルタイプ、ドロッとした濃いめの液体や栄養剤には先細のもの、錠剤やカプセルの場合は先端部分で挟んであたえます。
目盛りがついているため量がわかるようになっている。人間の子供も薬を飲ませるときはそれなりに苦労する場合もあるが、犬も同様である。
薬が必要な状況だということを説明しても理解して飲むことができないため、うまくタイミングを見計らって時にはごまかして与えなければならないこともある。
チューブに入っている犬の好きな味のもので薬をくるんだり、薬にかけて飲ませたりなどいろんな手で飲ませなければならない。
賢く、敏感であることは良いことのはずだが、こういう時はあだになることもあるようだ。

ニックネーム ブロやン at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ケア

最近は土が露出した道は少ない。アスファルトやコンクリートの地面は固く、ガラスの破片や鋭利な何かの欠けらが落ちていないともかぎらない。公園などの土の上を歩いたり、遊んだりすれば多くの雑菌が存在していて決して清潔ではない。
そんな状況から犬の足の裏を保護するスプレーやクリームがある。
消毒用のアルコール成分、保湿成分、ビタミンなどが入っており、肉球に付着した雑菌を除去し、ひび割れなどのかさつきを抑えます。
夏の道路の熱さや、冬の冷たさから肉球を守ったり、フローリングでのすべりを防ぐことにも使用できる。
ダニやノミなどから身を守るために専用の首輪や薬がある。
耳の中を掃除する専用のものや、歯ブラシ、犬用の歯磨き粉まである。
人間より嗅覚が鋭い分口臭が気になるのだろうか、ブレスケア用品までもがある。
涙やけクリーナーやボディケア用品も人気がある。
こういった商品がでてくるまでは犬たちはしかたがないのでがまんしていたのだろうか、それとも人間のせいで生活がずいぶん変わり、今まで必要としなかったものが今では必需品になっているのだろうか。
ニックネーム ブロやン at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

食器

食器の種類もほんとに豊富です。材質はステンレス製、陶器製、プラスチック・樹脂製などがあり、大きさや形、深さなどは犬の体の大きさや口の形状、入れるえさによりさまざまである。
底にすべり止めがついていたり、すべり止めマットを敷いて使用することにより、犬にとっても食べやすく、また周囲への食べこぼし、飲みこぼしも軽減できます。
施設、病院や、ペットホテル、ペットショップなどではオートフィーダーを使用しているところもある。
最近ではペットと一緒に食事ができるカフェやレストランがある。
そこではおしゃれな器に丁寧に盛り付けられたドッグフードがある。
一見、ドッグフードには見えず、人間用に盛ったように見えるものや、ケーキのように飾ってあるものもある。
犬にとってはどのような器にえさがどんなふうに盛り付けられているかについてはまったく興味がないが、犬に不快でなければきれいな器にきれいに盛り付けられているのを飼い主が楽しむ分には問題ない。
日常の食事からドッグレストランまでを見ていると人間の食生活の縮小版がそこにあるようだ。
ニックネーム ブロやン at 05:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

外出・ドライブ

最近では犬を乗せて走っている車はそんなにめずらしくなくなりました。
初夏の抜け毛の多い季節以外でもやはり毛は抜けます。
車の中に毛が抜け落ちるのは好ましくないですし、衛生的にもよくありません。

においもつき掃除も楽ではないです。
それでも一緒にドライブしたり、遠出したり、公園や河川敷まで出かけて走り回りたいものです。
そんなときは車の中に専用のシートを敷くと前述したようなわずらわしさはかなり軽減されます。
取り付けが簡単で扱いやすいもの、助手席、後部座席どちらででも使用可能なもの、使い方によりいろいろな形に変化し1枚何役にもなるものなどあります。

出かけた先でともにアウトドアを楽しむテントもあります。
メッシュ生地の製品で虫除け効果もあります。
ドアを閉めれば雨天時の雨風から守ります。メッシュ生地は引っかきに強い加工を施してあります。
小型犬をキャリーバッグの中に入れ顔だけ出して連れている光景も見かけます。

普通のバッグのように見え、実は犬用というおしゃれなものが人気です。
遠出の際大きなドライブインやサービスエリアなどではペット専用のトイレや休憩場所があり、車内でのストレスを一掃できる施設もあります。
ニックネーム ブロやン at 04:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする